現代アート探偵ゲンダイチコースケの事件簿『銀髪の賢者と油之牝狗』

どうも、山根です。

あまりにもブログをご無沙汰していたので、一番上にスポンサー広告が出てきちゃったりして、恥ずかしい限りです。てへ。

さて、今日は普段私が仕事でお世話になっている方が主宰する、
アートダイバーというアート系を専門とした出版社の新刊を紹介したいと思います。

artdiver


『現代アート探偵ゲンダイチコースケの事件簿『銀髪の賢者と油之牝狗』』という、
かなりブっ飛んだタイトルですが、
現代美術家の岡田裕子さんが主宰して、同じく現代美術家の会田誠さん顧問による人形劇団
「劇団★死期」の公演を小説化したもの、ということです。
まだ全部読んでいませんが、ストーリーもやはりブッ飛んでいて面白いです。
しかし、そこかしこに様々なアートジャンルのキーワードが散りばめられていて、きちんと用語解説があるので、
楽しみながら知識もつきます(まあ、幅広いようで偏ってはいますが…)。

岡田ファン、会田ファンはもちろん、アート好き、小説好き、演劇好き、幅広くいろんな方が楽しめる本だと思いますよ。ぜひ!

Amazon
スポンサーサイト



プロフィール

イデア・ビレッジ

Author:イデア・ビレッジ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR